引越しを初めて行った時の大変さ

 

私は就職を機に、会社の入社式が始まる前から引越しの計画を立てていました。
大きい家具などの荷物に関しては、友人から紹介された業者に依頼したので、運搬のための料金がかなり安くなって良かったです。
親に電話をしてから、引越しに関するアドバイスを頂いて、何とか住民票を移したり、運転免許の手続きなどを終了する事が出来ました。しかし、私の部屋にある小物の梱包の仕方や荷作りなどの下準備の仕方が分からなかったので、なかなか効率よく進む事ができませんでした。
引越し準備が進まない中で、引越しの作業日になった時に、荷作りが完了していないものに関しては、業者の作業員が荷作りをしてくれたり、運送のための梱包に関するアドバイスをしてくれた事がとても嬉しかったです。
引越し準備についてはこちらで事前に調べておきましょう。

引越し準備

準備を万全にしておけば、効率よく引越し作業を進める事が可能になります。


はじめてのマンション売却!

 

私は22歳のときにマンションを買ったのですが、そのときは年収250万円の正社員3年目でした。ぜんぜん実家にお金がなくって、やむなく購入することになったのです。35年のフルローンです。当時の家賃が13万円だったので、ローン10万円は魅力でした。ですが、買って17年目の今年、売りに出すことにしました。理由は、私も実家を出て、両親も転居し、弟も独り立ちしたので、誰も住む人がいなくなったからです。それまでローンは結局、両親が払ってくれていました。送れずに払い続けていたのですが、結局、最後までは払いきれませんでしたね。でもまあ私は半年ぐらいしか住んでいないので、未練はありません。そして、売却ですが、住友不動産販売に一任しました。もともと買ったときは、新築3年目だったので、300万円ほど割引してくれてたのです。なので、売却は1880万円で出しました。もっと高値で売りに出している人もいたのですが、あまり欲をかいてはいけないとおもったので。結局、それがよかったみたいで1880万円で1ヶ月ほどで売れました。

土地を賢く売却しよう査定や見積もりは複数の業者相手に

 

資産というものは、単純に所有しているだけでも維持費が掛かります。
所有している土地や建物、使い道が見いだせなければ、やはり早々に売却した方が賢明です。
今では全国各地の不動産業者が査定を行ってくれますので、心当たりがある方々は、節約のためにも売却を検討しましょう。
同じ土地や建物でも、査定を依頼する業者によって大きく結果が変わる事があります。
当然、所有者としては有利な条件で交渉に応じてくれるところに売却したいところです。
不動産業者にも色々なお店がありますので、地元の一社、二社程度で査定を終わらせるのは勿体無いかもしれません。
出来れば複数の不動産業者に連絡を入れて、三社以上の見積もり結果を得たいものです。
その後、業者同士の結果を照らしあわして、内容を比較検討するのがベストでしょう。
また、素人だけでは良い値段で土地を処分出来ない事もありますので、詳しい知人の意見や専門家のアドバイスを事前を受けた方が吉です。